Mystic Awakening session

180min~240min ¥30,000

Soul Navigator Hary

セッションの時間と料金について

セッションとは、現在の悩みや病気についての意味を知り、解決するものです。
掛かる時間には個人差がありますので3h~4hの枠を取っています。
セッション当日は、4h程度の時間の確保をお願い致します。
時間が無い場合でも、一旦セッションに入ってしまうと、問題が解決されるまでCloseできません。
時間が無い中でセッションをしても、ベストなビジョンを見ることができない為、代用のビジョンを見ることになるどころか、肝心なビジョンを見ることができずに、コンサルテーションだけで終わることにもなりかねません。
それでは深く解放ができずに、また来て頂くことにもなります。
私達としては、同じ問題で何度も来て頂くよりも、出来るだけ少ない回数で深く解放できることを望んでいます。
時間が無い場合は、タイミングではないと考え、時間の確保をした時に、改めてご予約頂きますようお願い致します。
セッションは、1時間であっても4時間であっても、貴方に必要な時間だけ取りますので、料金は時間に関係なく一律料金で1回¥30,000となります。

セッションの同伴について

同伴者やお子様連れでのセッションは、セッションのビジョンに影響が出るだけでなく、一緒に同席する同伴者やお子様にも影響がありますので、必ず受けられる方ご本人のみでいらしてくださいますようお願い致します。
特に、お子様達は、私達大人以上にエネルギーに敏感です。
セッションでのエネルギーの変容は必須ですので、通常は大人しいお子様であっても、エネルギーに反応して、通常以上に泣いたりぐずったりします。
その結果、受けられるご本人の意識が、どうしてもお子様に向けられてしまう為、ビジョンに集中できずに、必要以上の時間とエネルギーが掛かることになります。
または、初めのコンサルテーションの時点から、お子様が激しく泣いたりする場合もあり、その場合はビジョンに入ることができないまま帰ることとなり、再度改めてセッションに来られるというパターンもあります。

大人の私達でも、きついビジョンなどに差し掛かると、感情だけでなく体調にも症状が起こる場合もあります。
私達は、その状態をヒットと呼びますが、お子様に限らず、大人の場合であっても、セッションを受けるご本人以外の方が同席されるということは、このヒットを受ける可能性があり、結果、ヒットしてしまえば苦しいので、セッションを希望していなかったにも関わらず、同席される方もセッションを必要とされることになります。
ヒットするということは、抱えているカルマを解放する為の扉が開くということです。
お子様の場合は、親とのシンクロ率が高い為、親がセッションで解放してしまえば、後は何も残しません。
しかし、大人の場合は、シンクロ率が低い為、共鳴して扉は開いても、問題は個々の問題として存在し続けます。
個々が解放しない限り、すぐにヒットから抜けるのは難しく、その場でヒットされても、セッション枠は、ほぼ完売の状態で日程がスタートしますので、フォローができない状況も多々あります。
もちろん、セッションをしなくても自己内観で抜けられればベストですが、できない場合は、個々に応じてのアドバイスをして、次のセッションの機会を待って頂くこととなります。
このような状況を避けるためにも、セッションを受けられる方以外の同席を控えて頂きますようお願い致します。
特にお子様につきましては、重ねてお願い致します。

但し、アシスタント及びオーガナイザーが同席する場合がありますが、これはヒットを覚悟の上での同席であることを予めお知らせしておきます。

セッションの変容について

また、1999年よりRoseがFairy Ringの中で築いてきたセッションも、2011年9月よりMystic RingとしてHaryが加わることによって変化してきました。
2012年からは、完全にRoseからHaryへと移行し、今までは精油達と共に解放のお手伝いをしてきたRoseスタイルのセッションも、時と共にHaryスタイルへと変化していき、2013年4月より、Hary独自のヒーリング技術であるアクティベーションを用いるまでとなりました。
そして、今現在も日々進化しております。
私達は、時代の流れと共に進んでいく更に深い魂の解放に追い付く為にも、更なる進化をし続ける必要があります。
現在も、そして、これからもずっと進化し続けて行きます。
ずっと同じスタイルで居ることはできません。

私自身も、1999年にセラピストとして宣言して以来、お客様が本当に癒され、自分らしい人生を取り戻して、幸せに生きていく為のお手伝いをする者として、何を持って、どのように寄り添えば良いのかを、ずっと見詰めながら現場を生きてきました。
そして、成長し続ける魂と、進化への階段を上るバイブレーションと、移り変わる時代と共に、どんな時もベストで在り続ける為には、常に進化し続けることが必要でした。
トラディショナルアロマテラピーから始まったセラピスト活動でしたが、トリートメントにヒーリングやクリスタル等を融合しながら、バイオフィードバックを通して、魂に刻まれた記憶の中で、問題の核となる自分自身の深い深い記憶へとコンタクトし、精油達と共に、問題を解放していくという独自のセッションへと進化して行きました。
その中で、精油達との魂の対話が始まり、その精油達の魂とお客様の魂のバイブレーションを共鳴させていくミスティックアロマテラピーという独自の世界を作り出すこととなりました。
そして、現在は、RoseはRoseとして、ありのままで存在すること、真実の愛を伝えること、宇宙の真理を信じること、そしてそれを伝え続けること、そんな日々の生き様をシェアすることを通して、世界の皆様のサポーターでありたいと思っています。

現在、Haryのセッションは、従来のRoseのセッションスタイルのバイオフィードバックを通して魂の記憶とコンタクトし、問題とリンクする記憶を呼び覚ましながら、精油達の力で解放へと導くというスタイルから、アクティベーションやサブリミナルなどの、Hary独自のエネルギーワークのヒーリングを取り入れた新しいスタイルとなっております。
時には、精油達が必要とされる場合があれば、タロットが必要とされる場合もあります。
また、どちらも必要とされない場合もあれば、アクティベーションだけで完了する場合もありあす。
どんなバージョンであったとしも、それがお客様にとってベストなスタイルとなります。

セッションでのポリシーについて

私達は、プロとして自らの顕在意識や故意の元には、セッションを進めては行きません。
お客様の顕在意識が望んだとしても、望まなかったとしても、それがお客様自身の魂からの選択であることをご理解頂けると有り難いです。
私達は、全体のたった5%しかない顕在意識で存在しています。
その為、お客様の中には、自分が思っていたものとは違うビジョンが出たり、納得できない内容だった場合に怒る方もいらっしゃいますが、そんな時ほど、潜在意識の奥深くに或る自分自身が見えていない自分を見た時です。
お客様が自分の思った通りのものを出すならば、それは未だ顕在意識に近いものであり、内観すれば自己解決できるレベルのものです。
なぜ私達が存在するのかは、もう自らでは見れないものがあるからこそ、私達のサポートを求めて来られる訳ですので、プロの私達としては、その真実を提示して行くしかありません。
もし、私達が、自分の自我や故意的にセッションを進めるのであれば、お客様が喜ぶようなセッションばかりをした方が、私達も気持ちが良いです。
それを自分が恨まれたり、文句を言われたりするビジョンを、わざわざなぜ出す必要があるでしょうか。
そんなことをして、私達に何の益があるのでしょうか。
もし、何かの理由で、自分の個人的な理由でセッションを操作することがあるならば、それはもう私達の道ではありません。
私達は、プロとしての自分のポリシーを持って、誇りを持って、この道を歩いています。
その上で、お客様がどう判断されようとも、私達は、お客様の問題解決に全力を持って向き合っています。

私達地球上の人間の顕在意識は、全体の意識の中のたった5%でしかありません。
私達が必ずバイオフィードバックを通してでしか言動を確定しないのは、お客様の顕在意識ではなく、その奥にある本当の自己の真実を見出す為と、私達セラピストまたはヒーラーの故意の介入を避ける為です。
ましてや、筋反射=バイオフィードバックを自らの思い通りに操ったりはしません。
セッションは、私達が個人的に行うものではありません。
私達セラピストまたはヒーラーは、あくまでも寄り添うサポーターであり、主体はお客様自身です。
その為、セッションの流れを決めるのはお客様自身であり、また、セッションでの解放がどの程度できるかは、お客様自身の変化するという覚悟と、セッションへの信頼度が、大きく影響していきます。

セッションのタイミングについて

お客様は、自分自身の解放の為に、必ず自分自身の意思でお越しください。
先程も述べました通りに、お客様自身の覚悟と意欲こそが、解放の度合となるからです。
誰かに言われたからとか、私達に声を掛けられたからという理由だけでは来ないでください。
私達はプロとして、必要だと思われる方には、お声掛けをしていきますが、それを受けて、お客様自身が、自らの意思、選択で、受けるか、受けないか、いつ受けるのか、自分自身の自由意志で、自己選択でお越しください。
ご紹介や声を掛けられたからと言って、気が進まないのにご予約をされるのは好ましくありません。
また、受けたいのに、なかなか受けられないと言って焦ることもありません。
何事にもベストなタイミングがあります。
貴方にとって最適な時があるのです。
受けたい、受けようと思った時、そしてお時間が合う時がベストなタイミングです。
どんなに必要だとしても、潜在意識から湧き上がってくる抵抗に抗いきれない時もあるのです。
私達は、プロとして本当に必要な方には、セッションをお勧めしたり、お声掛けをしたりすることはあります。
しかし、どんな時も、私達は、セッションを絶対に受けなさいとか、受けなければならない等と、強制することはありません。
私達プロのセラピストとは、お客様が癒されることのお手伝いをするものです。
お客様が望まないものを私達は望みません。
もしも、誰も私達のセッションを望まないのであれば、それが私達の望みでもあります。
誰も私達のサポートを必要とする人が居ないのであれば、私達は喜んで、その時こそ、また新しい道を選択し進んでいくのです。
受けられる方は、必ず自分自身の選択の元、お越しくださいますようお願い致します。
お客様の意思と決意と信頼こそが、ベストな結果に繋がるからです。

バイオフィードバックについて

私達がセッションの中で使用する技術。
私達の内在する意思は奥深く、顕在意識に上るのは、全体のたった5%しかありません。
自分の中の真実を語る身体を通して、質問に対する応答=筋肉の反射から、真実の応えを導き出す技術です。
私達の身体を構成する細胞一つ一つにDNAがあり、そのDNAには私達が顕在意識では知り得ない膨大な情報が内包されています。
そのDNAの情報と私達の潜在意識、その奥底に内包される魂レベルの情報までを視野に入れて質問することで、自分自身の深い部分にある真実の答えを得ることができます。
お客様の身体の筋肉に触れながら、筋肉の反射によって、質問に対するフィードバックを貰います。

エネルギー解放テクニックについて

セッションの中では、必要に応じて、アクティベーション等のHary独自のカルマを解放する為のエネルギーヒーリングテクニックを駆使していきます。
アクティベーションは、瞬き数回の内に、目の虹彩を見ることで、リピートしているカルマのプログラムを外していきます。
アクティベーションとは、顕在意識を通さない言わば魔法のようなものですので、アクティベーション後は、できるだけ努力をせず、思考せず、ただ普通に日常を過ごされてください。
思考したり、努力することで、逆にエネルギーのジャム化(停滞)を引き起こしてしまい、アクティベーションの発動の妨げとなります。
ミカエル、エタニティ、アンロック、サブリミナル等、アクティベーション以外のHary独自のテクニックを使用する場合もあります。

セッションの流れについて

セッションは、上記のバイオフィードバックを中心にして、魂の記憶を探り、自らの内にある真実の人生を取り戻すものです。
ヒプノセラピーや退行催眠などのように、誘導や催眠などは一切ありません。
通常の会話の中で、普通に対話しながら進んでいきます。
セッションの中で、魂の記憶を探る為のビジョンに入れば、自然と必要な記憶を思い出すことができます。
難しい場合でも、サポート致しますので、ご安心ください。
必要に応じて、Hary独自のアクティベーション等のエネルギーテクニック、水、タロット、精油達やクリスタル達等を使用して、カルマ解放の為のヒーリングに役立てますが、何も必要としない場合もありますので、解放ツールについては、セッション内容同様、個人によって様々なものとなります。

また、セッションでビジョンに突入する前に、一緒にセッションを開始できますかという質問を、必ず魂に対しての許可を得る為に質問します。
その質問に対して、お客様のバイオフィードバックがNOの場合は、セッションでのビジョンに突入することができない場合もあります。
その場合は、どんなにお客様が5%の顕在意識で、セッションのビジョンへの続行を望まれていようとも、お客様の魂が、今抱えている問題に対して解放をする準備ができておらず、もしくは未だ解放する時ではない、タイミングではないということを知らせているので、私達は手を出すことができません。
その場合は、そのままお帰り頂くこともありますし、ビジョン以外でのできる限りを持ってセッション完了とする場合もあります。
また人によっては、初めからビジョンに入らず、お話だけでセッションを完了する場合もあります。
私達は、魂レベルの解放を行う為、魂レベルでの同意を必要とします。
同意がないものを、私達が勝手に解放することはできないのです。
その為、セッションしたいのに、セッションを受けに来たのにと怒られても、私達が意図的に、私達の都合でセッションを拒否している訳ではないことをご理解くださいませ。
もしも、私達の都合で行っているならば、セッションをしてお客様に喜んで貰って、また必要な時には来ますねと、私達に好意を持って帰って頂いた方が私達は楽なのです。

セッションは、形があるものでもなく、その方のカルマを解放する為に、今ここで何ができるのかということにフォーカスして、進めて行くだけです。
必要な人に必要なものを必要な分だけ行う為、時間についても短時間で済む方、長時間掛かる方、それぞれ個人差があります。
ですから、セッションとはどういうものですかと問われるならば、実際に詳細を語るのは難しく、それでもあえて一言で言うならば、カルマ解放、または本当の自分を知る為のもの、真の幸福な人生を取り戻す為のものとでも言いましょうか。

また、セッションは、1回毎にテーマがあり、それを解放するものですので、毎回、セッション毎に内容が違います。
その為、セッションの感じ方は、人によって、または受ける時によっても、それぞれ違いがあります。
受けられる方にとって、必要な時に必要なものが必要な分だけ、手にすることができます。

セッションの回数について

時空を超えた過去世や世代から引き継がれてきたカルマの問題の根本は、初回からダイレクトにアプローチできるとは限りません。
魔法の弾丸の様に、1回のセッションで人生が一生涯幸せに過ごせるというものでもありません。
人の魂は、この地上の人生を通して、何世代にも渡って数えきれない程の経験をしています。
その中で、魂が負った傷を私達はカルマと呼び、その傷を癒すために私達は何度も地上に降りてきます。
過去世や世代を超えたカルマの問題は深く、カルマの根本に辿り着くには段階が必要です。
それでも、1回毎にテーマとなる問題は、基本的には1回毎に解放致します。
1回のセッションで、一つのカルマの解放に挑みます。

何度かセッションを繰り返すことにより、より自分の深みへ、より根本へと、優しく到達できるようになります。
セッションは、自己を解放しようという魂の衝動に抗って、今までのパターンとは違う新しいパターンへと自己を変化させることへの潜在意識からの恐れによって、自己防衛が働くので、浅い所からしか解放できない場合もあります。
いきなり確信に入る為には、私達のセッションに辿り着くまでに、自己内観と浄化=人生経験を越えて来なければ向かい合えません。
本質の問題は、深い所に封印されています。
私達は、一生を通して、魂の成長をしていくようにプログラムされています。
全ての問題が解放されるということは、この地上での生命の終了を意味します。
一つの問題が解放されれば、更に新たな扉が用意されています。
私達は、自分の人生の中で、ゆっくりとその扉を開いていけることが望ましいでしょう。
しかし、この世界は、未だ未だ未熟な世界で、扉を開くには耐えがたい苦難を感じる場合も多々有ります。
そのような時には、セッションという形でサポートを受け取ることもできます。
この世界にあるものは、必要とする方が必要な時に必要なものを手にできるように、様々なものが用意されているのです。
ですから、人によっては1回で終了する場合もありますし、何回かに分けて解放されるものもありますし、1回で終了した場合も、新たな問題が浮上した時にはリピートされる場合もありますので、私達に何回来れば良いですかと聞かれても困ります。
人によって、必要なセッションの回数は違います。
何回と決まっている訳でもなく、1回だけという訳でもなく、自分自身の望む時に、必要とされる分だけいらしてください。
自己と向き合う強さを持ち、もう人生で充分に準備を進めてきた方は、1回で良い方も居ます。
過去世から繰り返してきたパターンが、余りにも強すぎて、何度もセッションの助けが必要な人も居ます。
2~3回で、クリアになる方も居れば、自己成長の為に、ずっと受け続けたいという方も居ます。
その時々の問題に直面した時に、自分のより良い人生を生きる為に、セッションを受けられます。
セッションを受ける目的は、それぞれに違いますが、何れにしてもセッションは、自分が必要だと思う数だけ必要です。
それは、私達が決めるものではありません。
自分自身で決めるものです。

また、セッションは、本来の自分に回帰する為、本来の輝きを取り戻す為のものであり、無意味に興味本位に過去世を見る為だけのものではありません。
今、現在の自分が、より良い未来を生きるべく、前に進んで行く為に、重荷になっている過去を手放す為に行うのです。
重荷を一つ降ろす毎に、人生は軽やかに、感じる幸せは深く、増して行きます。
魂の受けた傷が癒されることにより、魂は浄化され、昇華するのです。
セッション後の変革の大きさは、貴方が望んだ分だけです。
私達は、貴方が望む分だけ寄り添い、サポートさせて頂きます。
一人でも多くの皆様が、源である愛と光と宇宙に繋がり、魂が昇華することができますように。

セッションのご予約前後について

セッションは、ご予約をされた時点から、魂の解放へ向けてのエネルギー変化が始まります。
予約をするということは、変化する決意をしたということで、既に変わるという意思を宣言しています。
この世界は、深い自分が思った通りに呼応していく世界ですから、本当に変わると決意すれば、そのように動いていきます。
場合によっては、セッションの予約をしただけで、セッションの当日までに問題が解決してしまうこともあります。
逆に変わったら良いなと思っていれば、変わったら良いなという程度でしか呼応できません。
セッション前は、エネルギーの変化に伴い、体調や心身の変化や周囲の状況の変化なども起こる場合がありますが、セッションの前準備ですので、あまり神経質にならずに流れに身を任せてお過ごしください。

セッション前後は、古いエネルギーの排出、新しいエネルギーの流入を促す為に、通常よりも多めの水を取るように心掛けるようにしましょう。
ゴクゴクと飲み干すのではなく、自分のペースでゆっくりと少しずつ飲むことが大切です。
飲み辛ければ、舐めるだけでも良いのです。
身体の中に蓄積していたネガティブなエネルギーが、お水と共に流れて行き、体内がクリアになるイメージで飲むと良いです。
特に、セッション当日は、エネルギー変化に伴い、沢山のエネルギーを消耗していますので、体調に気を配りながら、心身共にゆっくりと過ごすことができるように、予め余裕も持って置きましょう。

セッション後について

セッション後も、エネルギーの変容に伴い、顕在意識と潜在意識の捻じれが強い方、変化したいと望みながら、その変化に抵抗がある方などは、やはり体調や心身に不調を感じる場合もありますので、その場合は、何も考えないこと、頑張らないこと、前述の様にお水を取ること、流れに任せることを心掛けて、ゆっくりと休養を取りましょう。
エネルギーが変容して、固定化するまでには、人によっては時間が掛かる方もいらっしゃいますが、基本的に、ビジョンに対して肯定的に信頼を持って過ごしていれば、スムーズに展開していきます。
中には、過去のエネルギーと未来へのエネルギーへの変革の狭間で不安定になる場合もありますし、再び過去のエネルギーに囚われたように、ネガティブになる場合もあります。
未来の扉が開くと、壁にぶち当たったと感じる場合もあります。
それは、本当に新しい未来へと進みたいのかどうかの確認試験であり、今までの古いパターンではなく、自分の作りたい人生をポジティブに、意欲を持って選択できるかどうかのお試しがやってきているだけです。

セッションでは扉を開きます。
セッションで見たポジティブな未来のビジョンこそが大切です。
ネガティブに陥るのは、今までのパターンの癖を繰り返しているだけです。
不安定やネガティブな状態に気付いたら、その状態を感じてみてください。
その状態が嫌だと感じれば、自分をネガティブの泉に放置せず、セッション終了時に見たポジティブなビジョンを思い出して、ポジティブな大地に引き上げてあげましょう。
ネガティブな泉に未だ居たい場合もありますので、その場合は、心置きなくネガティブの泉に居るのを感じてみるのも良いでしょう。
ネガティブがいけない、ポジティブが良いというのもありません。
ネガティブに居るのをいけないと感じれば、更に調子も悪くなります。
しかし、ネガティブに居る自分も、今は良しとすれば、次第に抜けて行きます。

事象には全てポジティブ面とネガティブ面の2つの局面が存在します。
ネガティブ面があるなら必ずポジティブ面があります。
どちらを見るのも自由です。
どちらを選択するのも自由です。
そして、両極でゆらゆら揺れるのも自由です。
自ら選択したものを良しとすること。
自ら選択したものが嫌であれば、違う選択をすること。
どちらも選択できなければ、選択しないこと。
現状を漂うことも必要な場合もあります。
動けない時には動かなくてでも大丈夫です。
動きたくなったら動いてください。
セッションでは、多くがネガティブ面を見ている状態ですので、ポジティブ面を見ることで、片方の面に囚われている自分を解放することができます。
そして、セッション後は、両極を知った上で、扉が開いた状態で、再び何を選択するのかが重要なポイントとなります。
セッションでは、自らの魂が選択したものを知ることとなりますが、セッション後には、それを受け入れて実行した人は、人生が一気に変化して行くことになります。
セッション後、セッションで見たビジョンへと流れることに抵抗すれば、自分自身の思考と自分自身のエネルギーの中で逆流の渦ができ、その中で苦しむこととなります。

自分が選択したものを選択してください。
私達は、貴方が本当に選択したいものを後押しすることしかできません。
貴方の代わりに選択してあげることはできないのです。
もし、仮に貴方の代わりに選択してあげることができたならば、それは、その時点で貴方の選択はなく、貴方自身の人生では無くなるため、また自分のラインからズレて行くこととなります。
ビジネスセラピストやペルソナセラピスト達は、そんな貴方の代わりに選択、決断を負って依存関係を結んでくれることもあるでしょう。
しかし、私達は、貴方が依存して、私達無しでは生きられないような状態に陥るのを望みません。
私達の使命は、貴方が貴方らしく貴方の足で立ち、自分で歩いていけるようになる為のお手伝いをすることです。
依存することを望んでいる方は、どうしてやってくれないの、どうして私を変えてくれないの、どうして私を幸せにしてくれないのと言うでしょう。
そして、理不尽だと思い、怒ったり、落胆したりするでしょう。
もし、貴方がそう思うならば、その状態が依存です。
依存は、真の幸せの道には辿り着きません。
私達は、本当の貴方の為に、決して依存はさせません。
依存させないことが、真の貴方の幸福に繋がることだからです。
依存はさせませんが、どこまでも貴方が私達の助けを必要としている限り、傍に寄り添い、サポートします。

自分の顕在意識で思った通りの肯定をして、その場の慰めや、表面上の共感だけを望まれる方や、私を導いてください、私を救ってください、私を幸せにしてくださいという依存関係を望まれる方は、私達ではなく、そのような対応をしたいと望んでいるセラピストやヒーラーも、この世界には多く居てくださっているので、その方達の元へ行きましょう。
私達は、貴方の本当の自己、魂レベルにコミットしています。
それこそが真の幸せに繋がる道を示すものだからです。
私達のセッションを受けて、自分の顕在意識で望んでいるものと違うからと言って、セッション自体を否定して、実行しない人は変化を実感できません。
自分が望んでいることに同意を求めたいだけならば、私達の元へはいらっしゃらないでください。
セッションに来て、腹を立てて帰るだけになりますから、お勧めできません。
私達は、一時的な慰めで人生を遅らせるお手伝いをしている訳ではありません。
私達の使命は、貴方の真実を知るお手伝いをすることであり、皆様が本当の自分を取り戻し、真の人生の幸せを取り戻すためのお手伝いをすることです。
人には、この世界の中で、人それぞれの使命があります。
私達は、あくまでも、貴方の本当の本質との対話をしていくのが使命です。
野菜屋さんに来て、食器をくださいと言われても、とても困るのです。
そして、野菜屋さんも、食器屋さんも、どちらには世界に必要なものとして存在しています。
自分が必要な時に、必要なものを選択して良いのです。
私達は、私達の元へ来られた以上は、どんな方でも同じように、セッションに全力を尽くします。
そして、セッションでは扉は開いています。

貴方を妨げている閉じた扉を開く為に、貴方自身が受けると選択して、私達はセッションというスタイルでお手伝いをしているに過ぎません。
その為に、私達は最善を尽くします。
私達は神ではありません。
それでも、私達は貴方と同じように神の欠片です。
一人でも多くの方が、自分らしく生きて、真の幸せを味わえることを願い、日々、自分のできることを通して生きています。
私達は、扉を開くお手伝いはできます。
しかし、扉を開いた後、歩き出すか留まるかは、私達が選択することはできません。
あくまでも、私達は貴方の人生のサポーターです。
そのお手伝いに全力を尽くしています。

扉を開くことを決意された方、或いはそう望む方だけが、私達のセッションを受けることができます。
その意思は、顕在意識でどう選択していようと、自らの脚でセッションに来られる方の選択です。
必要な時に必要なことが起こります。
私は前に進みたくないという方の扉を、無理やり開くことはできません。
セッション後についても同じです。

セッションで扉を開いても、前に進みたくないという方を、無理やり進ませることはできません。
セッションで扉を開いても、前に進めないという方を、無理やり進ませることはできないのです。
セッションでは、暗闇の中で、出口も光も見出すことができずにいる状態から、外への扉を見付けて開き、光を見出すことになります。
セッションを受けられた方は解ると思いますが、セッション後には、自分の見えなかった本当の希望や生き方を思い出して、その方向に歩いていこうという自分の中の意欲も見えると思います。
そして、1ヶ月間は、今までの自分の行動や衝動を否定してきたネガティブな思考から、未来への自分の望むポジティブな思考に移行する最も大切な時期となります。
或いは、セッション直後は受け入れられなかったセッションでのビジョンや新しい思考パターンも、1ヶ月の間に自分の中で徐々に浸透していき、1ヶ月後には、あれほど受け入れられなかったビジョンや新しい思考が受け入れられている自分に気付いたりする場合もあります。
特にアクティベーション等は、思考は変わっていないように感じても、実際に現実が変化してしまって、変化した現実を目の当たりにしてから、初めて自分自身が変化していたんだということに気付くパターンもあります。

セッション後は、先程も述べました通り、旧パターンと新パターンで揺れる方も居ますが、その揺れこそが、旧パターンを捨てて新パターンを選択するというお試し試験です。
ブレる方は、1ヶ月程度は、自分の魂が、お試し試験を送ってくれます。
ブレない方は、全くお試し試験が来ない人も居ます。
小さなお試し試験の人も居ます。
大きなお試し試験の人も居ます。
乗り越えられないのではと思う程の大きなお試し試験が来る人も居ます。
試験は、その人に必要な大きさでやって来ます。
何があっても前に行く、行くしかない、行くのだ、前に行く為には何だって乗り越える、その為にセッションを受けるのだと、最初から揺るぎない覚悟を決めている人は、お試しの必要がありません。
なぜセッションを受けるのか
それは前に行くから。
何があっても前に行くことしか選択していない人には、もうお試しは必要ないのです。
何を乗り越えれば良いかを見れば、後は乗り越えると最初から決めている訳ですから、見てしまえば、もう乗り越えるしかない。
後が無い所まで、切羽詰って来られる方の方が、セッションの上がりが早いのは、その為です。
お試しが来る場合は、自分が自分への確認が必要だからです。
それは、良いことでも悪いことでもありません。
自分にとって必要なギフトを受け取っているだけです。
そのギフトを受けとって、本当にセッションでのビジョン通りに自分の望む選択をできますか?
お試しは、セッションでのビジョンを本当に実行する最大のチャンスなのです。
それこそがギフトです。

いままで、車の運転が怖くてできなかったとします。
その怖さの原因が、車の運転の仕方が解らなかったからだとします。
そして、セッションで車の運転の仕方を知りました。
本当に車の運転をできるようになるのだと決めている方は、車の運転の仕方が解ったので、自ら車に乗り、車の運転をします。
その場合、自らそのチャンスを作る為、ギフトは必要なくなります。
しかし、車の運転の仕方を知っても、以前の怖かった想いにフォーカスし、挑戦してもいないのに、できなかった過去ばかりを考えて、できるかなぁと思案していれば、自分の魂は車の運転をしたいので、突然、パートナーが足を骨折して、会社まで車の運転をして送らなければならないようなシチュエーションをギフトしてくれます。
そして、やっぱり運転できないと選択して、誰かに運転を頼めば、更に運転をして貰えませんかと言うような機会を与えてくれるのです。
それでも、前に行くことを拒んでいれば、更にお試し試験のギフトは届けられることになります。
しかし、そのギフトも拒否し続ければ、いつの間にか魂からのギフトも届かなくなり、セッション前の状態に戻ってしまうことにもなります。
その結果、セッションしても余り変わらない、セッションしても意味が無いという状態を自らが引き起こしてしまいます。

ギフトを自分にとって未来への希望の糧にするのか、再び過去の自分に引き戻す鎖にするのかは、自分次第であり、セッションを受けられた自分自身の自己責任です。
セッションをするということは、扉を開くと言うことです。
セッションをしたということは、扉は開いています。
そして、進むか戻るか留まるか、そしてどちらも選ばずに揺れ続けるか、今現在の貴方の自由意志なのです。
起こる事に良いも悪いもありません。
人は、自分にとって都合の良いものを善だと良い、自分にとって都合の悪いものを悪だといいます。
それでは、何時まで経っても、真の幸せを感じることはできません。
貴方の廻りに今在る全てのものは、全て貴方にギフトされたものです。
それを手放すか持ち続けるかは、自分の意思です。

お試しが来て、また過去のネガティブな状態に引き戻されたら、以前の様に、その場のネガティブを見詰めて、その場に立ち尽くしますか?
それとも、今度は、未来に描くポジティブを見詰めて、一歩前に歩き出してみますか?
その決断をするのは、自分自身しかありません。
私達が、さぁ前に行ってくださいと言っても、貴方自身が前に進むと決めなければ、前に行けないのです。
自分自身が前に行くことを決めていないのに、私達に前に行かせてくださいと言うのは、無理です。
そんなことは誰にもできません。
自分自身の選択、意欲が無ければ、私達がどんなサポートをしても、あまり変化はできません。
たとえ私達の言葉で、一時的に楽に逃れても、再び自分自身からのお知らせが来て、また向き合うことになるからです。

セッションを受けたのならば、扉は開いています。
自分の見た未来のビジョンを信じていますか?
信じたいと言う貴方の願いに、常に誰かが何かが導こうとしても、貴方自身がそれを拒んでいるパターンを手放さなければ、難しいのです。
どこかで自分自身が決断するしかないのです。
セッションは、何世代にも渡って繰り返してきたパターンによって、自分自身を妨げ、閉ざしていた扉を開きます。
開いてしまえば、後は決断するかしないか、選択するかしないか、歩くか歩かないか、そして、どちらも選べなくて悩んでいる間も、決断できない、選択できない、歩けないという状態が続くだけです。
開いた扉を見詰めて動かないのも良し、開いた扉から一歩踏み出して、新しいパターンを経験するも良し、どちらも選ばず悩み続けるのも良し。
どれもありです。
どれも貴方自身の選択ですから、自らの選択を肯定して、エネルギーをスムーズに流してあげることが大切です。

私達は、セッション後の1ヶ月間の波も、私達自身が良く知っています。
何故なら私達も、自分達のセルフセッションをしながら、皆様と一緒に成長しているからです。
苦しいのは皆様だけではありません。
私達も共に味わいながら、皆様と向き合っています。
しかし、その苦しみが1ヶ月の間に、意欲を持って向き合うことができれば、次のステージへと行けることも知っています。
お試しが来ている方達にとっては、開いた扉を出て、新しいステージへ進みたい方は、前に進みましょう。
前に進みたくない方は、そのまま留まりましょう。
どちらも決められない方は、まだ決めずにゆっくり様子をみましょう。
誰も人を変えることはできません。
その人自身が望む所でしか進めないのです。
それでも、魂は進むことを望んで、この地上に降りて来ています。
その自分の魂に寄り添って進むことも、今は進まないことも、分離して逆行することも、揺れ続けることも、今の自分が選択することです。

セッションをして、自分自身で新しい未来のビジョンを見て、貴方の内側から湧き出たそのビジョンこそが、貴方の答えであり、貴方の導き手です。
貴方の中以外には、本当の答えはありません。
貴方が前に行きたいと願って、自ら受けたセッションです。
私達も貴方の願いに寄り添うことを望んで臨んだセッションです。
せっかく扉を開いたのですから、どうか勇気を出して、過去からの古いパターンを手放して、手に入れた新しいビジョンを手放さないでください。
自らの意思、選択、勇気、前進、あらゆるものを総動員して、それでも上手く行かない時には、もう一度セッションにいらしてください。
根深いものには、シリーズ化しているものもあります。
どれだけ自分が自分の為に立ち上がれるかです。
それが自分を愛すると言う事。
自分が愛した分しか、自分の中に愛を持つことはできません。
誰よりも大切な自分です。
どうか諦めず、自らを鼓舞し、貴方を誰よりもサポートしてくれている貴方自身を信頼し、自らの脚で歩くことを始めてください。
勿論、苦しくて留まりたい時もあります。
そんな時は、今は進めないねと抱き締めて、必ず進む時が来ることを信じて、待ってあげてください。

セッション後の1ヶ月間の最も大切な時期。
これからの自分の新しい生き方の実践。
古いパターンが来た時に、古いパターンにのまれる生き方を選ぶのか、古いパターンが来た時に、新しいパターンに折り返そうとする自分で生きるのか。
セッションを終えた方は、その未来のビジョンを見ているはずです。
試練が来た時こそ、それを自分の為に選択して、使って、実行して、実践してください。
それこそがギフトでありチャンスです。

セッションのご予約について

私達は良く自分のラインに乗っているか、乗っていないかを確認します。
自分がラインに乗っていると、自分を大好きで、他人が大好きで、心身が健康で、人生が幸せです。
そして、これら全てが一致している状態になります。
自分がラインに乗っていないと、これらの全てが逆であるか、どれか一つでも逆の状態であっても、多少なりとも、それはラインから外れている状態であることが解ります。
ラインから外れている状態が大きくなれば大きくなるほど、その辛さや状態は強く厳しくなっていきます。
自分がラインに乗っているか、乗っていないかも、それさえも解らない状態であれば、完全に自分を見失っている場合も少なくなく、その場合は、既に自分が幸せか幸せでないかも解らなくなっている場合もあります。
私達は、まさに皆様が自分自身のラインに乗る為のお手伝いをすることを使命としています。
必要だと思われる方は、どうぞいらしてください。
必ず貴方の魂が必要な時に、セッションを受けることができるでしょう。

セッションのご予約については、日程をご確認の上、各地オーガナイザー、もしくはMystic Ring 携帯電話(080-5305-0158)、Mystic Ring HP mailfacebook mailameblo mailにてご連絡くださいませ。
私達のセッションの日程については、HPのSCHEDULEページにてご確認頂けます。
各地オーガナイザー、連絡先については、HPのページにてご確認頂けます。
各地の日程については、ほぼ1年単位で組まれておりまして、地域によってはキャンセル待ちのお客様もいらっしゃいます。
基本的には、年2回の日程で、春コース、秋コースで、全国、海外を循環して参りますが、春コースの巡回の時点で秋コースのご予約が入ってきますので、近日でのセッションのご予約については対応できない場合も少なくありません。
その為、セッションご希望の方は、お早目にご連絡くださいますようお願い致します。
セッションのタイミングは人それぞれありますが、宇宙の中で、その時に必要な方が最優先で受けることができるように、宇宙が采配しています。
どうしても入りたいと願って、1年前から予約していても、入れなくなる場合もありますし、突然に思い立って予約をしてみれば、当日すぐに入れる場合もあります。
どんな時でも、その人にとって、ベストな時、必要な時に入れるようになっているのです。
セッションを予約しても入れない場合は、タイミングではなく、必ずベストなタイミングがあるという証ですので、安心して、その日をお待ちくださいませ。
この世界は、必要な時に、必要なものが、必要な分だけ起こる世界なのです。
自分の魂を信頼し、宇宙を信頼し、私達を信頼してください。
私達もベストなタイミングで、貴方とお逢いできる時をお待ちしています。

goTop